SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
金井文敏 Official blog

あなたの輝く未来がかない

<< 在岐阜モロッコ王国名誉領事館 | main | なんとも微妙だけど >>
中濃十市議会議員研修会
0

    20181105
    中部学院大学各務原キャンパス大講義室において
    講演を聴講しました。




    演題 質問力でになう政策議会でした。
    〜一般質問の機能を充実させる〜


    講師 土山希美枝氏
    株式会社地方議会総合研究所・龍谷大学教授

     

     

    政策には正解がない。議会が必要になる。
    [一般質問]
    わがまちの〈政策・制度〉をめぐる争点提起としての一般質問

    政治家としてわがまちの課題に取り組む。

    常任委員会から離れた課題解決のため。
    監査機能と政策提案機能

    窓口質問…はもったいない。

    項目─論点…
    ____└論点─事実
    __________└意見─分析
    ________________└主張

    一般質問をよくするために構造で捉える。

    _______主張(家屋
    ____意見┥
    _______分析(基礎
    ________┝論拠
    _______事実(土俵

    一般質問の構造を強固にする:情報で固める
    一般質問を伝わるものとする:登壇の前後
    いい質問とは議論を通じて納得にたどり着く
    監査機能と政策提案
    政策提案はだからの先にある!
    事実の集め方は
    困りごとの当事者課題の現場を特定する。
    現場とは当事者と担当部署
    〈参考〉
    データベースを活用する
    レファレンス協同データベース
    国会図書館
    RESAS
    CiNii
    eLen
    NDL-OPAC
    WARP
    e-Stat

    争点を何処から掘り起こすか。
    議会が信頼を得るのはわがまちの課題を考えること。

    | 特集記事 | 14:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック