SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
金井文敏 Official blog

あなたの輝く未来がかない

<< 企画建設常任委員会視察1日目 | main | 企画建設常任委員会視察2日目 >>
企画建設常任委員会視察2日目
0

    20180515
    会津若松市役所

    スマートシティーの取り組みについて

    ICTの実証

    平成7年が人口のピーク(13.7万人)とのことでした。

    日本の5〜7年先を行っている。

    毎年若い世代を中心に千人減少している。

    そこで、大学を誘致して若者を増やす施策を打ち出し

    会津大学を誘致されました。

    しかし、ICTのエキスパートを育成するが80%は

    東京に行ってしまう。

    市内に企業がない

    ・アナリティクス

    ・サイバーセキュリティ

    行政が持っている情報を市民に周知する。

    「会津若松+(プラス)」

    市民向け総合窓口=地域情報ポータル

    今年2月より

    LINEを活用したAIによる自動応答サービスを開始した。

    データ解析で利便性の向上を目指す。

    オープンデータの活用で

    ・まちの見える化

    ・農業分野でも

    ・ヘルスケア分野でも

    費用は15億円(国13億円・市2億円)

    現在ポータルへの登録者数は7千人とのことでした。

    ICTを推進するのは全ての行政サービスの根底に据えており

    ICTを独自の施策とは捉えていないとのことでした。



    | 特集記事 | 06:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック