企画建設常任委員会視察3日目

  • 2018.05.18 Friday
  • 07:06

20180516
鹿沼市役所
鹿沼WOODINFILLについて

交流センターにおいて説明を受けました。

木製のBOXinBOXは斬新で屋内にアレンジできるものでした。

行政との関係は組合を立ち上げることで繋がり内田洋行が

販売を手掛けていました。デザインも斬新で洗練されていました。

90mmの角材を組み合わせた構造は無印良品の有楽町に設置されています。

今後の展開を注視していこうと思います。






企画建設常任委員会視察2日目

  • 2018.05.18 Friday
  • 06:59

20180515
喜多方市役所
新庁舎建設について

総工費36億円の真新しい庁舎でした。

上空からみるとカマボコ形の庁舎は旧庁舎の隣に建設された

こともあり斬新な形になりました。

地下には免震機構があり震度7にも耐える構造でした。

各フロアーを案内していただきましたが、動線も考えられており

快適な庁舎でした。エントランスロビーは10mの吹き抜けで

解放感に溢れていました。

 









企画建設常任委員会視察2日目

  • 2018.05.18 Friday
  • 06:55

20180515
会津若松市役所

スマートシティーの取り組みについて

ICTの実証

平成7年が人口のピーク(13.7万人)とのことでした。

日本の5〜7年先を行っている。

毎年若い世代を中心に千人減少している。

そこで、大学を誘致して若者を増やす施策を打ち出し

会津大学を誘致されました。

しかし、ICTのエキスパートを育成するが80%は

東京に行ってしまう。

市内に企業がない

・アナリティクス

・サイバーセキュリティ

行政が持っている情報を市民に周知する。

「会津若松+(プラス)」

市民向け総合窓口=地域情報ポータル

今年2月より

LINEを活用したAIによる自動応答サービスを開始した。

データ解析で利便性の向上を目指す。

オープンデータの活用で

・まちの見える化

・農業分野でも

・ヘルスケア分野でも

費用は15億円(国13億円・市2億円)

現在ポータルへの登録者数は7千人とのことでした。

ICTを推進するのは全ての行政サービスの根底に据えており

ICTを独自の施策とは捉えていないとのことでした。



企画建設常任委員会視察1日目

  • 2018.05.18 Friday
  • 06:48

20180514
福島第一・第二原子力発電所

新幹線で福島入りしジャンボタクシーで移動しました。

原発は廃炉作業中で視察には防護服が必要だと思っていました。

しかし、現地に行ってみると作業員の方も防護服の人は一握りで他は

普通の作業服でマスクもされずに敷地内を歩いてみえました。

最初に現地のPRセンターにてレクチャーを受けました。

廃炉に向けての取り組みを伺いました。

原発の周りを氷の壁で覆って地下水が混じらないように対策を取られていました。


PRセンターよりバスで移動し施設内に入りました。

施設内では大型のバスで移動しました。

二人の職員が同乗し、一人が作業や施設の説明をされ

一人がパネルを掲げての説明でした。

バスの中では線量計の振れを確認しながらでした。

個々に線量計をつけて敷地内をまわりましたが、

戻ってから被ばく量をチェックしましたが0.0でした。

まだこれから30〜40年かかると言われている廃炉までの道のり

ですが、日々5千人の作業に携わる方の健康第一で進めていって

頂ければと強く感じました。

市町村議会議員研修(二日間コース) 住民とのコミュニケーション〜対話と発信力の向上〜

  • 2018.04.23 Monday
  • 07:09
20180419-20 住民とのコミュニケーションについて対話と発信力の向上について学びました。講師は、京都造形芸術大学副学長であり特定非営利活動法人学習学協会代表理事の本間正人しでした。 4月19日 【講義・演習】 住民とのコミュニケーション? 教育学→学習学(ホモディスケンス) ・生涯の中で教育はある一定時間(期間)を勉強し最終的に何を終えたかが教育学だが、人生には最終学歴ではなく最新学歴が大事である。今何を学んでいるかを表すのが「最新学習歴」である。 ・言葉は接触時間を増やせば話せるようになる。 Eラーニング 学校の教科書は3年遅れている。なぜかというと検定を受けて出版されているころには三年古くなっている。今の時代に即している。 人の話を聞く人 コミュニケーションのエクササイズを行う。 先入観                    固定観念 思い込み   理解   未知        相手を知る努力 住民を知る 住民の声を行政に反映させる 住民とは誰の事 声なき声を知る インタビューすることが大事 フェーストゥフェース(直接会うこと)がコミュニケーションの基本 言語=内容 非言語=伝え方 距離・目線・表情・身振り手振り 距離 ひざ詰め談判で相手を説得する(距離を詰めて話をする) 視線 見下ろすのはNG(会場では住民も壇上にあげる) 笑顔 口角をあげる。 いーうー体操 信頼のエクササイズ ブラインドウォークを行い信頼を築いた。 ・安全・時間・感じる 多義性 あいまい ↓ わかりやすさ 具体性 表・グラフ・イラスト 絵・写真・動画 実物・実演ETC 相手に合わせてカスタマイズすることがコーチング 固定観念で人を見てはいけない 最新学習でサポートする 何も問題がない時も意識的にコミュニケーションをとる。 ・現状 ・目標 ・想像力 ・人間関係 ・感動発見 ・あいづち ・うなづき ・繰り返し 人間関係はコミュニケーションから出来上がる。 心と心の通い合う ハートトゥハート ヒーローインタビュー 地域の特色を出す 全ての人に共感回路がある。 グッドニュース マスコミはバッドニュース ヒーローインタビュー他者紹介 ベストプラクティスの共有 2日目(4月20日) 昨日のが学習 エビングハウスの忘却曲線 振り返りで克服 ?コミュニケーションの3つの機能 ?ブラインドウォーク ?傾聴とヒーローインタビュー ?全体の印象 ラーニングByティーチング 市政報告会 ヒーローインタビュー 聴政 “否定しないで受け止める” ダイアローグ 講演会だより 商品カタログが参考になる (文章少なく大きな文字でビジュアル多め) HPの目的 自分の目指すもの 街頭演説 名前の連呼 聞いてもらうには 20秒から30秒にまとめる ・時間・温度・天気・日程・・・ マクロも大事だがミクロ(身近な問題を話す)、住民は自分に関係のない内容の話しはノイズにしかならない。 誰かに呼びかけるようにビジュアルを工夫する “リハーサルをやる” 練習をする 子どもに話すように 大切なものはグラフを書く 対立すると否定することしか見えなくなる。 <コメント> 講義を受けることだけでなく、実際に二人一組になり一人が目をつむり一人が誘導して外を歩きました。目をつむり腕につかまり歩くと信頼関係が大事だということが特にわかりました。隣の人とのヒーローインタビューでは共感をもてる内容がわいてきました。その内容を後ろの人と四人が組になり他者紹介ではコミュニケーションのだいご味が分かった気がしました。(聞いたことを人に伝えることの大切さと信頼関係の構築は一緒であると実感しました)コミュニケーションの構築にはとにかく住民の話を聞くことが大事だと実感しました。

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM